HOME > 被害者支援自販機で社会貢献

犯罪被害に遭われた方を支援する寄付付き自販機で、社会貢献したいと考えています


   公益社団法人「被害者支援センターとちぎ」(宇都宮市桜)では、事件や事故、犯罪被害に遭った人たちの病院や裁判への付き添いなど、心や体に傷を負った被害者に寄り添った支援を行っています。


しかし、長引く不況や東日本大震災の影響で企業からの寄付金が激減し、活動資金の確保に苦労していました。


被害者支援センターの和氣事務局長は「被害者支援の理解は深まっていない。活動しないとその重要性を知ってもらえないのに、資金がなければ活動すらできないという悪循環に陥る」と窮状を訴えています。


朝日ビバレッジでは、社会貢献の一環として、売上の一部を被害者支援センターに寄付する特別仕様の被害者自販機設置に取り組んでおります。



                          【朝日新聞2011年5月記事より


おかげさまで、たくさんの皆さまからご賛同いただき、現在では栃木県内の36ヶ所に被害者支援自販機が設置され、日々、皆様からの善意の寄付が寄せられています。ありがとうございます。